ねこまみれ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年12月01日 (火) | 編集 |
小山さんのタイみやげの「あとり」。

タイの駄菓子です。
私がえらいこと気に入っちゃってるんで、かさばってしょーがないってのに大袋で全フレーバー買うてきてくれました!
右から、Nori Seaweed、 Original、 Extra、 Sushi Salmon。

ステッキ・ビスケットたらゆう不思議な日本語がパッケージにありますが、いや、これが、全然ウソってわけでもないんですよ。だって、パッと見は、ちょいと太ったベビースターラーメンなんだけども、味はラーメンっちゅーよりたしかにビスケットなんだもの。甘いんでやんだもの。
そんでタイっぽくスパイシーな香辛料たっぷりで絶妙なお味。ハマります、こいつは。

せっかくフレーバーをコンプリートしていただいたんで、各フレーバーのリポートをば。

 Nori Seaweed
海苔風味ばっちりでした。ポテチによくある海苔まぶし。

 Extra
Original との違いがわかりません(爆)

 Sushi Salmon
サーモンとなってるのに、「どう見ても片口イワシだろう、君は」ってなドライ小魚が入ってました。この小魚君、大きくなったらきっと鮭になるのでしょうw
小魚のせいでぐっと酒のつまみ テイスト。


えー、結局、あれこれひねりを効かせなくてもオリジナルがいちばんおいしいかな


油菓子系なので、食べてると手がベタベタになります。
猫が寄ってきたのはきっと片口イワシのせい。



ぺろりんちょと舐めるチャレンジャーは、やっぱりカポ。
しばらくしてからます。くるんですよ、じわーっと。

そりゃー、甘くて酸っぱくて辛いなタイ国のお菓子ですもん。スパイシーに決まってるジャーン。けけけっ。




いや、ちっちはトイレでするのがアタリマエですから!
ちなみに、なんで「トイレ → ごはん」という発想になるかというと、カポは幼少時、羽根布団等のふわふわしたものの上でお粗相しまくりのチビリチビだったのです。羽根布団2枚パアにされましたのことよ。
上手にトイレでちっちができたら、ケージの外で自由を満喫できる方式でトイレ・トレーニングをいたしましたらば、トイレでちっちをすればイイ事があるという刷り込みが完成しちゃったという。
カシコイんだか、あんぽんなんだか…。



  オマケ
これも小山さんのおみやげ (東京みやげだけど)。
銀座 形屋(かたや)の人形焼き。猫!
いもあんがしっとりねっとり濃厚でめちゃ旨でした
アズキのあんこはさほど好きじゃないんで、どんなにしっとりウマウマ皮の人形焼きを発見しても、あんこだけのせいで「惜しいっ」ってな感想だったわたくしにとって、これはマーベラス・スイーツ!(笑)



  は知人のトルコみやげのターキッシュ・デライト

「ナルニア国」に出てくるんですよねー。
児童向け翻訳では、日本人になじみのないお菓子じゃ感情移入しにくいだろうという配慮からでしょうが、なぜかプリンに化けてましたが。なんでプリン!? せめてチョコじゃないっすか?!
でもでもでも、原作ではほんとうはこいつ、「ターキッシュ・デライト」なのです!
本場、トルコバージョンは初食です。

いやー、さすがヴァクラバのトルコ菓子。
表面の白いのは粉糖です。
本体は粉糖に埋もれてるんで発掘必要です(笑)

これでもパンパンはたいて粉糖を落としたんですが、そんでも激甘。
全体的なお味はというと、はっきしゆって「柚餅子(ゆべし)」ですネ。
(ユズをまるごと使うアレじゃなく、グミみたいな食感の和菓子の柚餅子)
ナルニア世界では、子供の大好きな大好きな大好きなお菓子は柚・餅・子な設定。うーん、ビミョウ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。